読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Beautiful Koala 彰考往来

歴史と旅行を愛するコアラの「宝箱」

<秋の特別公開> 伊豆 修善寺庭園・東海第一園 〜夏目漱石 『ケーベル先生』と「初っさん」と

About Trip (旅) About History (歴史)

祖父が親しくしていた友人に

「福本初太郎」さんという方がいる。

 

通称「初っさん」

 

明治37年(1904年)4月1日。

 

日本橋丸善に入社した福本さんは、

後に丸善株式会社5代目社長となる、

山崎信興氏の元、仕事のノウハウを学び、

その後「万年筆」という名のルーツとなったといわれる、

洋書部・金澤井吉氏の部下となり、ドイツ書を中心とした、

「洋書係」をつとめた人物である。

f:id:koala555:20161130165556p:plain

▶︎大正5年(1916年)撮影・丸善株式会社・集合写真より

前列左より、丸善3代目社長・小柳津要人氏、後に4代目社長となる、中村重久氏。

後列右から2人目が、丸善在職時の福本初太郎氏(筆者推測)

 

 

出逢ってから、50年以上。

 

祖父が先に天に召されるその日まで

2人は「温故会」の一員として

長きにわたり親しくしていた。

 

その福本さんが生涯「師」と仰いでいた人物がいる。

 

 

 

ラファエル・フォン・ケーベル

 

 

f:id:koala555:20161130165823p:plain

 

明治26年(1893年)から大正3年(1914年)まで

東京帝国大学(現;東京大学)に在職。

 

ドイツ哲学、哲学史などの講義を行い

我が国における、哲学の黎明期に、多大なる影響を与えた彼は

 

東京音楽大学(現;東京藝術大学)でも

ピアノを教えるなど、あの滝廉太郎にも

大きな影響を及ぼしたという。

 

教え子の中には、文豪・夏目漱石もいた。

 

漱石はその著作『ケーベル先生』の中で

こんな風に記している。

 

 

 

東京帝国大学の文科生徒に

“ 一番尊敬する教授は? ” と尋ねると、

100人中90人は、 日本人教授をさておいて、

“ フォン・ケーベル ” と答えるだろう」

 

 

秋の紅葉を愛でようと、

伊豆・修善寺の町へと向かう途中

車窓に流れる景色を見つめながら、

そんなことを思い浮かべていた。

f:id:koala555:20161130165955p:plain

▶︎伊豆・修善寺。正式名称「福地山修禅萬安禅寺」

この日も多くの人々が訪れ、参拝には絶えず行列ができていた(2016年11月27日訪問・撮影)

 

明治43年(1910年)、体調を崩した夏目漱石

療養のために訪れたのが、ここ修善寺温泉だった。

 

 

8月6日

十一時の汽車で修善寺に向ふ。

東洋城来らず、白切符二枚懐中して乗る。

岩波書店発行『漱石全集』第25巻 日記及び断片 中 より抜粋)

f:id:koala555:20161130170308p:plain

東洋城とは、漱石の門下生で俳人の “ 松根東洋城 ” のこと。

彼の案内で、漱石修善寺の「菊屋旅館」へと向かった。

 

この静かな街で、読書をしたり、散歩をしたり

温泉に浸かり静養する筈が、漱石は胃痙攣を起こし

その後、2ヶ月あまり、床に伏す毎日を送ることになる。

 

 

四季折々に、趣ある修善寺の街。

中でも一番は、やはりこの秋の紅葉だろう。

f:id:koala555:20161130170353p:plain

▶︎桂川から臨む、修善寺の門前。いつもより多くの人で賑わっていた

 

この日は、修善寺の庭園・東海第一園が

特別公開されていた。

f:id:koala555:20161130170447p:plain

▶︎<秋の特別公開>修善寺・東海第一庭園 ~2016年11月30日まで開催

 

日本赤十字社などの総裁として、社会福祉にも貢献した

皇族・小松宮彰仁親の別邸(静岡県三島市)を

明治38年(1905年)に拝領・移築したものが

この修善寺庭園の始まりといわれる。

f:id:koala555:20161130170527p:plain

▶︎修善寺庭園・東海第一園の中庭

福地山 修善寺 公式ホームページより

 

 

下賜された建物は老朽化のため、

昭和初頭に建て変えられるも

庭園は当時のままの姿を残す。

f:id:koala555:20161130170631p:plain

明治40年(1907年)、皇太子であった大正天皇

修善寺を訪れた際、この庭園をご覧になり

「東海第一の庭園である」と仰ったことから

「東海第一園」と呼ばれるようになった。

f:id:koala555:20161130170710p:plain

美しい錦鯉たち。

f:id:koala555:20161130170741p:plain

大小の岩を積み、作られた見事な滝。

f:id:koala555:20161130170817p:plain

▶︎修善寺庭園の上からの景色。高低差に富んだ作りあることが、体感できる

 

伊豆の名刹が大切に大切に守り続けてきた、

由緒ある庭園での秋のひと時に、心が安らぐ。

 

桂川沿いの「竹林の小径」も色づいていた。

f:id:koala555:20161130170911p:plain

紅葉の美しさよりも「今年は人が多い」という印象が強かった。

f:id:koala555:20161130170950p:plain

f:id:koala555:20161130171001p:plain

 

10月11日(火)

愈(いよいよ)帰る日也。

雨濠々。人々天を仰ぐ。  

荷拵出来。九時出立の筈。

 

二月目にてはじめて戸外の景色を見る。

雨ながら樂し。

 

目に入るものは、皆新なり。

稲の色尤も目を惹く。

山々僅かに紅葉す。

秋になって又来しと願ふ。

岩波書店発行『漱石全集』第25巻 日記及び断片 中 より抜粋)

 

 

大量吐血し、一時は生死の境を彷徨う

危篤状態に陥った漱石は、東京に帰る道すがら、

馬車から見える、伊豆の秋の風景を目にし

来年の秋にも、またこの場所に来たいといった。

 

目にするものすべてを新鮮に感じ、

生きていることの素晴らしさを実感すると同時に

 

自然の移り変わりの中、それに抗うことなく、

寄り添うように生きる植物たちの姿に

「なにか」を感じたのだろう。

 

 

「小さな私を捨て、身を天地自然に委ねて生きる」

 

 

漱石が晩年至ったこの「則天去私」の文学観。

 

そのターニングポイントになったのが

この修善寺の町であり「修善寺の大患」だった。

 

漱石同様、ケーベル先生を敬愛し続けた

福本初太郎さんのことを

小説家・詩人の武者小路実篤

こんな風に記載している。

 

f:id:koala555:20161130171229p:plain

 

「その時分、丸善には、僕達が『初さん』と

呼んでいた、若い気が利いた、要領のいい、

親切な店員がいたので、この人に頼んで、

西洋からとってもらった」

(『学鐙』昭和27年1月号掲載「丸善の思い出」より抜粋)

 

 

この「初さん」こそ、福本初太郎さんである。

 

文学愛好家であると同時に、美術愛好家であった

武者小路実篤は、ある日、丸善から取り寄せた

ドイツの芸術雑誌の中で、

若い芸術家に影響を与えているという、

ゴッホなる人物の名前を目にする。

 

どんな絵なのだろう、そう思った武者小路は

早速「初さん」を呼び寄せ、日本橋丸善を通じ

印象派」というタイトルの洋書を取り寄せた。

 

到着したその本の中の口絵をみて、

異口同音にこういっただろう。

 

 

「これがゴッホの絵か」

 

 

その中にいたのは、志賀直哉柳宗悦岸田劉生たち、

白樺派」の面々だった。

 

こうして、ゴッホの絵画と出合った白樺派

「白樺美術館」構想を練り、なんとか

ゴッホの絵を日本に購入しようと、意気込む。

 

結果、当時「白樺派」のパトロン的存在だった、

彼らの友人・実業家の山本顧彌太が

ゴッホの「ひまわり」を当時2万円で、

白樺派」の面々は、ゴーギャンの絵を6千円で購入。

 

日本にはじめてやって来た、

ゴッホゴーギャンの絵画。

 

間接的ではあるも、このできごとは

丸善の仲介によるもので、

我らが「初っさん」の頑張りがあったからなのだとわかり

美術好きの私は、なんとも言えない気持ちになった。

 

こうした背景があり 「初っさん」は

白樺派の人たちと交流を深め

『白樺』創刊前から、あれこれ相談を受けたのだった。

f:id:koala555:20161130171533p:plain

▶︎1910年4月創刊 雑誌『白樺』創刊号の表紙 

 

度々その「編集会議」にも出席し、

麻布の志賀直哉邸や麹町の柳宗悦邸まで

出向き、校正作業の手伝いをしたこともあったという。

 

編集者は、信頼ある人物にしか

掲載前の原稿を見せないし、校正など任せない。

 

「初っさん」あなたは、どれだけ信頼されて、

どれだけ多くの人たちに愛されたのーー。

 

知らなかったよ。

 

溢れ出る思いと同時に、祖父の親友「初っさん」が

その昔、私の愛し暮らすこの街へと『白樺』の校正作業のため

足繁く通っていたことがわかり

その不思議な偶然に涙が止まらなくなった。

f:id:koala555:20161130171621p:plain

▶︎「温故会」のメンバー(昭和31年12月撮影)

後列左から2人目が「初さん」こと、福本初太郎さん。

 

昭和31年12月19日、第四回「温故会」の集まりが

浅草・米久で開催された。

 

米久は、詩人・高村光太郎も愛し、

その詩「米久の晩餐」で詠んだ、

浅草にある、牛鍋の老舗である。

 

まだ若く、お肉をたくさん食べたい時に

皆で何度も来た、懐かしい思い出の店だった。

 

割り下を入れた鍋のことを忘れ、焦げつかせてしまうほど

お互い元気で、また会えたことを喜び、笑い、語り合った。

 

その際、全員で作成した寄せ書きに、

福本さんは自身が得意とした「囲碁」を引き合いに、

こんなメッセージを残している。

 

 

囲碁十戒」

 

 

それは囲碁に必要な「心得」としながらも

人生を生き抜く上で、大切な教訓ばかりだった。

f:id:koala555:20161130171752p:plain

 

 

 

「要の石を捨てるな」

 

 

福本さんの生きた人生は、2度に渡る世界大戦、

そして関東大震災などが起きた、大変な時代だった。

 

病気療養のため、日本橋丸善を退社した後は、

神奈川県平塚市にあった「海軍火薬廠」に

奉職したこともあった。

 

次々遭遇する困難の中、「要」となる石を抱き続けた

福本さんは、大正15年 (1926年)9月、東大・赤門前に

ついにドイツ書販売の「福本書院」を開店させる。

 

若き日に日本橋丸善で出合った、「洋書販売」という仕事を

生涯に渡り貫いた福本さんは、こんな言葉で、

大切な仲間たちへのメッセージを締めくくっている。

 

 

「明治三十八年夏頃、立小便の廉により

全弐拾銭(?)の科料に処せられたる以外、賞罰なし」

 

 

このユーモアのセンスこそ、福本さんが「白樺派」の

面々に愛された理由かもしれない。

 

福本さんの残した人間味溢れる、

あたたかな言葉の数々は、

遠い遠い歳月を乗り超え、親友の孫である

「私」に勇気を与え続けている。

f:id:koala555:20161130172549p:plain

 

  

<参考文献>

丸善百年史』 昭和55年(1980年)発行

 

 

 

 

岡田三郎助に学んだ、画家・中村研一の足跡を追いかけ、はけの森へ(小金井市 中村研一記念美術館)

About Trip (旅) About Art (美術鑑賞)

その絵は、猪苗代湖の湖畔にほど近い

とあるホテルのバンケットルームに

飾られていた。

 

誰からも目を留められず

寂しげにただじっと、時をやり過ごしているかのような

この絵を目にした時、なんとも言えない気持ちに包まれた。

f:id:koala555:20161119150407p:plain

ヴラマンクを思わせる、重厚感。

佐伯祐三の描く、パリの景色から伝わってくる、独特な詩情。

 

そして「白の時代」のユトリロが描き出す、静謐さ。

 

一瞬にしてそんなことを心に思い描いてしまうほど

その絵は、私の心に入り込んできた。

 

 

 

K.Nakamura

 

 

絵の片隅に、画家のサインを見つけた。

 

絵画展や美術館に足を運ぶことは多けれど

絵からこんなに何かを感じたのは

久しぶりのことだった。

 

この絵を描いた、K.Nakamuraこと、画家の中村研一。

 

私が心惹かれ続ける画家・岡田三郎助と関連があると知り

居てもたってもいられず、小金井に向かった。

 

JR武蔵小金井駅から徒歩15分。

 

かつて中村研一が暮らしたアトリエは

美術館となっていた。

f:id:koala555:20161119150714p:plain

▶︎ はけの森美術館小金井市中町1-11-3 )   開館時間 : 10:00~17:30

 

 

はけの森美術館

 

 

 

『俘虜記』『レイテ戦記』『野火』など多くの

戦争文学作品で知られる作家・大岡昇平の描く

恋愛小説『武蔵野夫人』は、この街が舞台だ。

 

f:id:koala555:20161119151221p:plain

▶︎『武蔵野夫人』大岡昇平著(新潮社刊)

 

小学生のころ、父の書斎にこっそり入り込み

そっとページをめくった、数々の本たち。

 

この『武蔵野夫人』は、同氏の著作『青い光』と並び、

描かれていること全てが、何1つ理解できない世界だった、

そんなわずかな記憶が残っている。

 

 

 

「土地の人はなぜそこが『はけ』と

呼ばれるかを知らない」

 

 

「はけの森美術館」の看板を目にした時

ふと『武蔵野夫人』の冒頭フレーズを思い出した。

 

f:id:koala555:20161119151357p:plain

 

 

この付近に広がる「武蔵野台地

 

ここには、南を流れる多摩川、そして北を流れていた

古代の多摩川とが作り出した、2種類の河岸段丘があり

その数メートルの高低差を「はけ」と呼ぶ。

 

坂道の多い港区エリアで育った私にとっては、

「はけ」と「坂」の住み分けはわからずとも、

この高低差のある風景が、なんだかとても馴染み深く

心地良いものに感じられた。

 

f:id:koala555:20161119151453p:plain

 

「はけの森美術館」は、中村研一作品のほか

 年1~2回の企画展を開催している。

 

開館10周年記念である、今回の企画展

「風景への視線」は、奇しくも今年8月に訪れた

郡山市立美術館所蔵のイギリス風景画たちが

主役のようだった。

 

f:id:koala555:20161119151557p:plain

▶︎郡山市立美術館(写真右手)とアートな中庭(2016年8月9日訪問・撮影)

 

 

イギリスを代表する、風景画家のターナー作品

(ジョゼフ・マロウド・ウィリアム・ターナー)ほか

ジョン・コンスタブル、サミュエル・パーマー、

トマス・ゲインズボロなど、郡山で出合い学んだ

イギリス人画家たちの作品が並ぶも

 

数ヶ月前に、私が郡山で鑑賞させていただいた

常設展(平成28年度 第2期)の作品とは

1点も重複することはなかった。

 

中でも心に強く残ったのは、イギリス人画家の目を

通して見た、日本の明治の風景だった。

 

f:id:koala555:20161119151658p:plain

▶︎「箱根の秋」パーソンズ  アルフレッド・ウィリアム (1847~1920)

郡山市立美術館公式ホームページより

 

 

「箱根の秋」

 

 

箱根に行った数々の思い出が、懐かしく蘇る。

私にとってこの景色は、「仙石原」だ。

 

明治25年(1892年)に来日し、各地をスケッチして

まわったパーソンズは、元々は花専門の画家。

 

バラの研究家・栽培家として知られていた

エレン・ウィルモット(1858~1934)の依頼により

植物図譜『バラ属』(The Genus Rosa)の図版を制作

したこともあった。

 

辛口批評で有名なウィルフリッド・ブラントは

『植物図譜の歴史』の中で、パーソンズの図版について

同じく植物画家として名声を得た、

ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテを引き合いに出し

以下のように述べている。

 

「 ルドゥーテの描いた『バラ図譜』の中の最良の図版は

美術作品として傑出しているかもしれないが、

植物学者はアルフレッド・パーソンズ

ウィルモット著『バラ属』に描いた絵の方により満足する」 

  

f:id:koala555:20161119152037p:plain

▶︎「西洋紳士のスケッチの図」チャールズ・ワーグマン (1832~1891)

郡山市立美術館公式ホームページより

 

 

  

西洋紳士のスケッチの図

 

 

幕末から明治初頭にかけての海辺の風景が

味わい深く描かれた、この1枚の絵。

 

海を見つめ、キャンバスに絵筆を走らせる

西洋紳士の横にじっと追従する

イングリッシュポインター

 

その後ろには、髷姿の男性ーー。

なんとなく幕末を生きた画家・高橋由一を思わせる絵だ。

 

江戸時代の面影を残す日本人と西洋人。

 

数々の建築物を残した、ジョサイア・コンドル

西郷隆盛大村益次郎を描いた、キヨッソーネ。

 

「日本近代法の父」と呼ばれた、ボアソナード

大森貝塚を発掘した、エドワード・モース。

 

幕末から明治にかけて、日本の近代化のために

力を尽くした「お雇い外国人」たちが続々来日したのは

この絵の描かれた時代だったのかもしれない。

 

 

この絵を描いた、チャールズ・ワーグマンは

「報道記者」であり「画家」だった。

 

彼の指導を受けた人物には

“ あの鮭の絵の人” こと、高橋由一

写実主義を貫いた、天才画家・五姓田義松がいる。

 

彼らの「ワーグマン先生」は、

幕末から明治にかけ、自らが遭遇した

事件の数々を描き、文をしたため、

居留地に暮らす外国人たちに伝えていた。

 

 

f:id:koala555:20161119152249p:plain

 ▶︎チャールズ・ワーグマン画

水戸藩脱藩の攘夷派志士たちの襲撃を受けた 東禅寺事件当日の様子。

 左で柱の陰に隠れているのが、イギリス公使オールコック

 

 

文久元年(1861年)5月28日 午後10時

 

 

江戸の高輪・東禅寺

 

水戸藩脱藩の攘夷派志士たち14名が

イギリス公使館とされていた、東禅寺を襲撃。

 

その現場にワーグマンも遭遇したのだった。 

f:id:koala555:20161119152434p:plain

▶︎港区高輪・東禅寺さん前に建つ「イギリス公使館跡」の石碑

私の五世祖父もこの場所に、松平乗全公と訪れたかもしれない

(2014年1月3日自宅から徒歩にて訪問・撮影)

 

 

当時、外国奉行支配下にあり

幕命により東禅寺を警護していたのは、

大和郡山柳沢保申家(柳沢吉保末裔)と

三河西尾藩 大給松平乗全家(井伊直弼時代の老中)

の家臣団、総勢200名。

 

大和郡山藩、西尾藩士たちは

斬りかかる、水戸浪士たちに応戦し、

これを鎮圧したのだった。

 

江戸時代前期より、大給松平家に仕えた我が家。

 

f:id:koala555:20161119152617p:plain ▶︎ 私の先祖たちが代々お仕えした、三河西尾藩大給松平氏の居城

復元され「西尾市歴史公園」として蘇った(2016年4月30日訪問・撮影)

 

 

私の五世祖父(曾祖父の祖父)は、この時期、

幕府の老中でもあった主君・松平乗全公の近習(側近)

として、常に主君の身辺を警護していた。

 

事件後の翌日、江戸藩邸から

現場の東禅寺にかけつけたかもしれない。

 

この事件で、特に功績のあった西尾藩士たちは

幕府から賞詞を受けた。

 

杉戸助右衞門、初谷良吉、鈴木鬼子助、村山勝之進。

 

彼らは、30年近く後の明治22年(1889年)

イギリス皇帝より、銀製賞牌と金子若干が

贈られることになる。

f:id:koala555:20161119152824p:plain

▶︎西尾市歴史公園内にある 「西尾市歴史資料館」(愛知県西尾市錦城町229)

100年以上の歳月を超え、遠い遠い昔の家族たちの「ふるさと」の地を踏みしめた

 

中村研一の油絵を追いかけ、おとずれたこの小金井で

祖が直面した史実を伝える 「報道絵画」を描いた人物の

油絵に出合えたことは、本当に嬉しかった。

 

肝心の研一作品は、水彩画で10点ほどだった。

 

それでも何かと発見があり、やはり美術鑑賞は

心を豊かにしてくれる、と実感した。

 

 

 

また、あそびにいらしてね

 

 

研一と富子夫人に笑顔で送り出された、そんな気がした。 

f:id:koala555:20161119152938p:plain

▶︎「自画像」  中村研一(1958年)   はけの森美術館

 

 

この「はけの森美術館」までの道中、

地元のマダムとお話する機会があった。

 

五色沼に紅葉を観に行った際、中村研一の絵と

出合い、心惹かれここまで来たことを話すと

笑顔で聞いて下さり、色々なことを教えてくれた。

 

研一亡き後、富子夫人が懸命にその作品たちを

守ろうと東奔西走し、「中村研一記念美術館」を

開館させたこと。

 

最後は守りきれず、小金井市に寄贈したこと。

 

美術館には、研一の絵画のほかにも

編み物好きだった富子夫人の

作った作品などもあり、とてもあたたかい美術館だと

にこやかに話して下さった。

 

お子さんのいらっしゃらなかったお二人には

それがちょっとしたデッサン1つであっても

「2人で過ごす時間」が生みだした、

大切な子どもたちだったのかもしれない。

 

f:id:koala555:20161119153043p:plain

▶︎ 「婦人蔵」  中村研一 (1963年) はけの森美術館

この絵のほか、富子夫人をモデルに多くの作品を遺している

 

 

「お天気の良い日に、足を運んで

美術館を観た後、中庭にある一軒家のカフェで

美味しいケーキやおしゃれなキッシュをいただくのが

とても愉しかったわ」と少女が大切な「秘密」を

そっと教えてくれるように、私に笑顔で言った。

 

f:id:koala555:20161119153141p:plain

▶︎ はけの美術館横にある、自然豊かな「美術の森」

f:id:koala555:20161119153325p:plain

▶︎この先に素晴らしい庭園が広がる。中庭には、今年3月末まで

「オーブン・ミトン カフェ」として営業していた、一軒家がある

 

文学作品の『武蔵野夫人』のことは

歳を重ねた今でも多分理解できないけれど

 

今日この街で出逢った、ベビーピンクの帽子が似合う

色白の優しくかわいらしいあのマダムが

私の中の「武蔵野夫人」となったことは

いうまでもない。

 

今度こそ、研一の油絵を観なくちゃ。

その時は閉店してしまった

「はけの森美術館 オーブン・ミトン カフェ」が

復活していますように。

 

研一と富子夫人の面影を感じながら

緑豊かなこの場所で

ゆっくりのんびり素敵な時間を過ごし

 

マダムが嬉しそうにそっと教えてくれた

「秘密」のキッシュやシュークリームを

いただいてみたい。

 

そしてその時そこでまた私の中の

「武蔵野夫人」と再会できたらーー

  

f:id:koala555:20161119153412p:plain

 

 

中村研一記念 小金井市  はけの森美術館

 

開館10周年記念 企画展「風景への視線」  

ーー郡山市立美術館所蔵 近代イギリス風景画展 

f:id:koala555:20161119153433p:plain

   ~平成28年12月18日(日)まで 開催中