読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルゼニアンの彰考往来

日本橋丸善を愛する私の大切な「宝箱」

夏目漱石没後100年〜 よみがえった「漱石先生」と100年前の「日本橋丸善」(漱石アンドロイド)

 

 

「こんな夢をみた」

 

 

 

この言葉を繰り返し、次から次へと

主人公の「私」が夢の中で目にした

あらゆる出来事へと場面が展開していくーー

 

 

黒澤明監督作品映画  「夢」

 

 

「日照り雨」「桃畑」「雪あらし」「トンネル」

「鴉」「赤冨士」「鬼哭」「水車のある村」の

8話からなるオムニバス形式映画。

 

 

初めて観たのは、テレビでの放送だった。

もちろん、オムニバス形式の映画ということも知らず。

 

トンネルがまだ「隊道」といわれていたような

時代背景の作品なのだろうか。

 

テレビをつけると、たくさんの青白い顔をした

亡霊のような兵隊たちと話している

物語の主人公である「私」の姿が映っていた。

 

少し目を離した隙に、突然ゴッホらしき人物と

「私」が2人、明るい麦畑に佇む場面に切り替わりーー

 

 

数分の間に起きた「暗」から「明」

 

そして「和」から「洋」への大展開に

何が起きたのか全くわからず、混乱したものだ。

 

そして、この映画を観た時、私がふと思い出したのは

夏目漱石の描いた『夢十夜』という作品だった。

                      f:id:koala555:20170514214922j:plain

▶︎『漱石全集』全34巻(岩波書店発行)『夢十夜』は、第16巻

祖父から父へ、父から私へ。三世代に引き継がれ愛される、我が家の書棚の「重鎮」

 

 

 

 

明治41年(1908年)7月25日から8月5日にかけ

『東京朝日新聞』(現;『朝日新聞』)に連載された

夏目漱石の『夢十夜

 

漱石の生きた明治を「現在」とし

神代・鎌倉そして100年後と時間軸を変え

描かれていく、不思議な夢の世界。

 

この作品の中で、私の印象に最も強く残ったのは

この言葉だった。

 

          f:id:koala555:20170514215300j:plain

                                             ▶︎ 夏目漱石(明治43年4月撮影)『漱石全集』第9巻 『門』口絵より

 

 

 

 

「 百年、私の墓の傍に坐つて

待つてゐて下さい。

屹度逢ひに来ますから」

(『漱石全集』 第16巻 小品  上  『夢十夜』より 夏目漱石著 岩波書店発行 )

 

 

 

 

漱石は何を思い、この印象的な表現を用いたのだろうか。

まるでこの言葉が現実になったかのような

ニュースを目にし、ドキッとした。

 

 

 

 

 

漱石アンドロイド完成」

 

 

 

 

夏目漱石45歳時の写真やデスマスクなどを基に

ロボット研究で知られる、大阪大学教授・石黒浩氏の

監修を受け、漱石の母校・二松学舎大學が製作。

 

漱石の孫で学習院大学教授・夏目房之介さんの声

から作った、人工音声を持ち、現代の世によみがえった。

 

「ご無沙汰ですね」の一言を聞いた時

なぜかとても感慨深く、胸がときめいた。

 

漱石の勤務先であった、東京朝日新聞社

 

その社屋があった、有楽町マリオン11階・朝日ホールで

一般公開されるという情報を聞き、

居てもたってもいられず、「漱石先生」に会いに行った。

 

 

                                          f:id:koala555:20170514215703j:plain

 

会場に到着。

いよいよ「漱石先生」に会える。

 

                       f:id:koala555:20170514215915j:plain

                                                     ▶︎  座った状態の「漱石アンドロイド」

44個の空気圧アクチュエーター(駆動装置)で作動する

 

 

 

初めて見る立体の「漱石先生」は大変穏やかに

「座ったままで失礼します」と言い、

夢十夜』を静かに朗読し始めた。

 

想像していたよりは、人形のようかな、と思った瞬間

数人の人の姿をかき分け、突然パッと私の目を見つめた。

 

アンドロイドに内蔵された 「目」のカメラが

私を認識したのだろうけれど

人間と目が合った時と変わらない気持ちがし

内心ドキッとした。

 

                                    f:id:koala555:20170514220042j:plain

 

 

私が訪れたのは、一般公開の予定時刻より早い時間。

 

まだまだ人も少なく

皆、ただただ「漱石先生」を静観する感じだった。

 

本当は握手をしてみたかった。

 

家から持参した我が家の「重鎮」

岩波書店の『漱石全集』をその手に持って欲しかった。

 

                            f:id:koala555:20170514215819j:plain

▶︎  肌には「特殊シリコーン」を使用。横から見ると、髪には所々白髪も混ざっている

 

 

 

朗読の一言一句を頷きながら

目を細めて傾聴する女性たち。

 

杖をついた年配紳士が、震える手を懸命に伸ばし

自身のカメラに漱石をおさめようとする姿もあった。

 

まるで『夢十夜』の中の台詞のように

没後100年に見事よみがえった「漱石先生」

 

それぞれが先生と一緒に過ごす、思い思いの時間。

 

100年経った今も、夏目漱石が大変多くの人々に

愛されていることを実感したひとときだった。     

                                                      

 

                                                          f:id:koala555:20170514220236p:plain

 

 

 

 

漱石作品の中には、しばしば「丸善」が登場する。

 

 

 

 

明治42年3月3日(水)

 

朝新橋停車場へ行く。

丸善ニテブルジエの小説と

バザンの小説を買ふ。

(『漱石全集』第25巻 日記 及断片 中 より抜粋)

 

                  f:id:koala555:20170514220439j:plain   

                                  ▶︎  かつての新橋停車場の姿。木骨石張りの洋風建築で

二階建ての2棟を平屋の建物が繋ぐ形で建てられていた

 

 

 

 

明治43年6月30日(木)

 

森田 丸善より電話をかける。

大塚へやる文房(具)

に就いてなり。

 

森田来。六圓五十銭の

インキ壺を見せる。

(『漱石全集』第25巻 日記 及断片 中 より抜粋)

 

 

 

この日記が書かれる、約2ヶ月ほど前のこと。

丸善の新社屋が日本橋に完成した。

 

                        f:id:koala555:20170514220401j:plain

▶︎  明治43年4月竣工;日本橋丸善新社屋(写真左手)

佐野利器(さの としかた)設計。レンガ造り4階建、我が国初の鉄筋建築。

1階には洋品、文房具、国内刊行書、2階は洋書、3階は事務室、4階は倉庫となっていた

 

 

 

 

 

5月1日に落成式が行われ、翌週の9日、

東京市内の新聞記者三十余名が

その新築披露会に招かれたのだった。

 

招待された新聞記者・文士の中には

『東京朝日新聞』の夏目漱石もいた。

 

 

 

 

明治 43年 5月9日  午前 10時 30分

 

 

 

 

日本橋丸善前に、続々と詰めかける、

新聞記者たちの姿。

 

玄関には三代目社長の小柳津要人を始め

重役陣がずらりと並び、到着した記者たちを

3階の待合室へと案内していく。

 

 

電話室で忙しそうに、5台の電話器を扱う交換手。

 

3階の事務室では、100余名の社員たちの働く姿。

 

たくさんの文房具や珍しい西洋雑貨の品々に

背表紙の金文字が眩しい、

書棚の中の数多(あまた)の洋書たちーー

 

夏目漱石を始め、多くの記者たちが目にした光景だ。

 

その後、一同は車で帝国ホテルに移動。

盛大な昼餐がおこなわれた。

         f:id:koala555:20170514221042j:plain

▶︎ 初代・帝国ホテルの姿(渡辺譲設計、木骨煉瓦造、3階建、客室数約60)

明治23年(1890年)竣工。大正8年(1919年)失火から全焼した

 

 

 

 

翌日付の『東京朝日新聞』の記事には

こんな記載がある。

 

 

 

「宴半ばにして小柳津氏、来賓総代として

雪嶺博士の答辞、石川氏の乾杯辞、

内田魯庵氏の丸善の来歴談ありて

二時半散会。

 

当日の客人は総数三十名の上に出で、

蘇峰、漱石、水哉、松魚、秋骨、孤蝶、

小波、天渓等の諸文星も見えた」

(『東京朝日新聞』明治43年5月10日付記事より)

 

 

 

 

ちょうど100年前。

 

夏目漱石が亡くなった年に撮影された、

日本橋丸善の社員集合写真。

 

                             f:id:koala555:20170514221338j:plain

                                           ▶︎ 大正5年1月撮影・日本橋丸善社員集合写真

             この写真を最後に三代目社長・小柳津要人は勇退を申し出る。

その後は丸善相談役として、社の発展に力を尽くした

 

 

 

 

勉強熱心な社員たちは、仕事の後に皆

懸命に英語やドイツ語などを勉強し

その中から、それぞれの「得意技」を見出した。

 

丸善もまた、積極的にそうした「学びの場」を社員たちに与えた。

 

          f:id:koala555:20170514221508j:plain

▶︎「丸善夜学会」第1回卒業式記念写真(上段左;三代目社長の小柳津要人) 

出 典;『丸善百年史』

 

前列左の人物は、祖父の旧友・井上清太郎氏。

彼は作曲家・山田耕筰の姉「ガントレット恒」に英語を学んだ

 

 

 

 

 

彼らはただ本を売ることだけではなく

「活字」を媒介に、教育・文化の発展や

芸術の普及に向け、それぞれ一生懸命に

東奔西走したのだ。

 

丸善が多くの文豪や名だたる教育者たちに

深く愛された理由。

 

それは、社員1人ひとりのこうした見えない努力の

積み重ねの成果だったのではないかと私は思う。

 

                   f:id:koala555:20170514221846j:plain

 

 

 

「眞白な百合の花が鼻の先で

骨に徹(こた)へる程匂った。(中略)

 

「百年はもう来てゐたんだな」と

此の時始めて氣が付いた」

 (『漱石全集』 第16巻 小品  上  『夢十夜』より 夏目漱石著  岩波書店発行 )

 

 

 

 

夏目漱石をアンドロイドとしてよみがえらせ

学校の教壇で、講義を行いたい」

 

それが「漱石アンドロイドプロジェクト」に

携わる人々の目標だという。

 

漱石先生」を愛する私たちにとっても

皆が心に抱く願いではなかろうか。

 

そして、それは夏目漱石自身がこの100年見続けている、

「夢十一夜」なのかもしれない。

 

 

 

 

                      f:id:koala555:20170514222148j:plain

 

 

 

 

<参考文献>

丸善百年史』上巻 昭和55年(1980年)発行

 

 

2016年12月12日別ブログにて掲載

f:id:koala555:20170514041131j:plain