マルゼニアンの彰考往来

日本橋丸善を愛する私の大切な「宝箱」

日本橋 MARUZEN Cafe 〜バラエティ豊かなハヤシ(早矢仕)ライス

 

 

日本橋丸善3階の「MARUZEN Cafe」

 

 

いつもたくさんのお客さんで賑わっている。

 

年配の紳士やご婦人、お買い物帰りに立ち寄る女性など

その年齢層は比較的高めに感じるも

ランチタイムともなれば、幅広い客層で満席となる。

 

丸善創業者の早矢仕有的が考案したといわれる

「ハヤシライス」

    f:id:koala555:20170512140957j:plain

▶︎ 土蔵造りの丸善社屋と創業者の旧岩村藩医;早矢仕有的丸善社員アルバムより)

店員にはそれぞれ「万吉」「要吉」「鐵三」など、親しみやすい呼び名があった

 

 

 

 

お食事メニューは、基本

「ハヤシライス」と「カレーライス」

 

しかしながら、そのバリエーションの豊富さには、

目を見張るものがある。

 

 

白いライスをふわふわたまごで包み

コクのあるハヤシソースをかけた

「ハヤシオムライス」

f:id:koala555:20170512141114j:plain

▶︎ 人気定番メニューの「ハヤシオムライス」(2015年8月6日撮影)

 

 

 

コクのあるハヤシソースとホワイトソース

2種類のおソースが愉しめる、黒×白のコラボレーション。

 

ミートボールも美味しく、満足な1皿。

f:id:koala555:20170512141149j:plain

                                               ▶︎ 「ミートボールハヤシライス」(2016年3月3日撮影)

 

f:id:koala555:20170512141249j:plain

                                          ▶︎「彩り野菜とハーブチキンのハヤシライス」(2016年9月2日撮影)  

 

 

 

身のしまった、あつあつのカキフライは

「まわりカリッ。中はジューシー」

 

想像以上に美味しい。

f:id:koala555:20170512141331j:plain

                                              ▶︎「カキフライのせハヤシライス」(2016年10月15日撮影)

 

f:id:koala555:20170512141412j:plain

▶︎ 「チーズミルフィーユカツのせハヤシライス」(2016年12月15日撮影)

 

 

 

ランチタイムにはもれなくサラダもサービス。

ドレッシングは、日替わり。

               f:id:koala555:20170512141459j:plain

▶︎ 「ランチタイムのサービスサラダ」「ごまドレッシング」が1番好き

 

 

 

 

ハヤシライスだけじゃない。

ケーキやスイーツも豊富。

 

梶井基次郎の『檸檬』をモチーフにした

スイーツやコーヒーゼリーも人気。

 

私のお気に入りは「ミルクレープ」

 

f:id:koala555:20170512141536j:plain

▶︎ 「西麻布 ルエル・ドゥ・ドゥリエール 伝説のミルクレープ」

私がいつも頼むのはコレ!!ミルクレープ発祥店といわれるお店の味も、日本橋丸善でいただける

 

 

                  f:id:koala555:20170512141700j:plain

▶︎ 「アイスロイヤルミルクティ」生クリームを混ぜるとちょうどよい味わい

 

 

 

 

お三時タイムと重なった時は、この「ミルクレープ」

 

そして、お紅茶の茶葉の旨味もしっかり感じられる

「アイスロイヤルミルクティ」をチョイス。

 

あまりにも美味しくて、以前生クリーム多めで

という無謀なオーダーをしたこともあった。

 

                       f:id:koala555:20170512141950j:plain

                                 ▶︎ 上の写真と比べると、生クリームの量の差が歴然(2016年4月6日撮影)

 

 

 

飲んでみて初めてわかる、

何でも多ければ良いというものではない事実。

 

ロイヤルミルクティの茶葉の旨味が、

生クリーム軍団にすっかりかき消されてしまった。

 

コーヒーに拘りがある方には、

こんな贅沢な一品も。

 

               f:id:koala555:20170512142023j:plain

                                     ▶︎「丸善スペシャル珈琲」1杯1,000円(2016年2月26日撮影)

 

 

 

 

最近いただいて美味しかったのは、

彩り野菜に骨付チキンがのったカレー。

f:id:koala555:20170512142147j:plain

                                ▶︎ 「彩り野菜とタンドリーチキンのカレー」(2017年4月12日撮影)

 

 

 

ブロッコリー、人参、赤・黄のパプリカ、茄子、

カリフラワー、ズッキー、ジャガイモなどの

多種類の野菜たちとスプーンでほぐれるほど

柔らかく煮込まれた骨付きミニチキン。

 

いろいろなスパイスの風味を感じられる、

ちょっと辛めの大人カレー。

 

 

 

創業者の早矢仕有的たち、黎明期を生きた丸善人や

社員たちの多くが口にしていたのは、

故郷・三河の味「八丁味噌

 

旧岡崎藩士仲間であった、三代目社長・小柳津要人や

多門(おおかど)傳十郎、志賀重昂(しげたか)は

この故郷の味を全国に広く紹介しようと

力を尽くした歴史あり。

 

 

その甲斐あって、宮内庁御用達となった

「カクキューの赤出し味噌」の存在。

          f:id:koala555:20170512142402j:plain

             ▶︎ 八丁味噌「カクキュー」本店(愛知県岡崎市八帖町字往還通69)(2016年5月1日訪問)

 

 

 

そうしたエピソードを盛り込んだ

三河赤味噌ビーフシチュー」や

「キャラメル風 味噌アイス」なんて

メニューがあっても面白いかも。

 

                                         f:id:koala555:20170512142521j:plain

▶︎ 「カクキュー 三河産大豆の八丁味噌パウダー」(合資会社 八丁味噌

 

いまはスタンダードな「赤出し味噌」に加え、こうした加工食品も人気。

バニラアイスに振りかけて混ぜれば、キャラメルアイス風のコクのあるスイーツに早変わり

 

 

              f:id:koala555:20170512143218j:plain

      ▶︎  八丁味噌 カクキューから発売されている、八丁味噌アレンジ商品の数々 ( 2017年5月2日岡崎に訪問)

                              「小柳津さん、カクキューさんは、いまもこうして頑張っています」

 

 

 

 

いつもたくさんの人たちで賑わう、

日本橋 MARUZEN Cafe」

 

お気に入りの1冊を探した後は、

是非こちらのカフェで素敵なひとときを!!

                                     

                                  f:id:koala555:20170512142634j:plain

▶︎ 「日本橋 MARUZEN Cafe」 日本橋丸善3階 (東京都中央区日本橋2-3-10 )

東京メトロ銀座線「日本橋」駅直結、JR東京駅八重洲口から徒歩5分

 

※ 取り扱いメニューは季節により流動的ですので、ご留意ください