マルゼニアンの彰考往来

日本橋丸善を愛する私の大切な「宝箱」

明治・新聞事始め 『時事新報』の福澤諭吉 と 『自由新聞』の板垣退助 〜2人を繋ぐ彫刻家

 

「大学卒業後は、新聞社に入りたい」

 

バブルはとっくに弾け、就職難に突入していた時世。

 

若さと情熱以外持ち得なかったそんな私を

家族のように温かく迎え入れてくれた新聞社があった。

 

入社してみると、6大新聞の1社とは思えぬほどの

アットホームで、人間味溢れるとても良い会社。

 

 

 

「希望は記者職だけれど

どんな内容であってもいい

なんとか新聞の仕事に携わりたい」

 

 

 

高校時代からのまっすぐな思いをしっかりと受け止め

その後の人生を切り開くための大きなチャンスをくれた

その新聞社の広告局で、周りの人たちの優しさに支えられ、

大学時代の約2年半、インターンとして社員と変わらぬ

仕事をした日々は、いまでも私の大切な宝物である。

 

その時、担当した仕事は「新聞広告」

 

日々発行される朝夕刊に掲載される、数多くの広告原稿を

割付と呼ばれる「紙面レイアウト」に基づき

扱い広告代理店と連絡を取り合い、1点ずつ入手・確認。

 

これから発売される書籍や雑誌、車、化粧品、イベントなどの

告知広告にワクワクしながら、原稿を自社の制作工程チームに

まわしたり、名古屋、金沢などの別本社に送ったりと

とにかく毎日が新鮮そのもの。

 

人生の中で、忘れることのできない、

貴重な時間を過ごさせていただいた。

 

 

                           

わが国において、新聞広告の立ち上げを

初めて行った人物は、福澤諭吉である。

 

                             f:id:koala555:20170515014233j:plain

                                  ▶︎  福澤諭吉(1835〜1901)    出 典;『 丸善百年史』 

         明治16年前後、私の古い家族の1人は、慶應義塾に在籍、諭吉宅に居候していた

 

 

 

 

 

明治15年(1882年)3月1日

 

 

 

 

 

日刊新聞である『時事新報』を創刊した福澤諭吉

その立ち上げと同時に、新聞社経営の手法の1つとして

「新聞広告」に着目。

 

それまで数回にわたり使節団として、

渡欧経験があった福澤は、

欧米のビジネスモデルをいち早く理解し

日本の社会でも取り入れようとしたのだろう。

 

『自由新聞』社員であった永田作右衛門と

『絵入自由新聞』社員であった、中沢丙一に

広告取次業務の仕事をすすめた。

 

個人商店のようなものではあったというも

これが「新聞広告」の始まりである。

 

 

                                   f:id:koala555:20170515110123j:plain

                                                      ▶︎ 『時事新報』創刊号

 

                                      日本の新聞で初めて「漫画」や「お料理レシピ」を載せるなどした

           出 典;慶應義塾出版会ホームページ

 

      

 

 

 

 

 

 

黎明期の新聞は「大新聞(おおしんぶん)」と

小新聞(こしんぶん)」とにわかれていた。

 

前者は、当時流行していた政治の話題中心の

士族(旧武士)をターゲットにしたもの。

 

後者は、娯楽性を重視した、全文平仮名付きの

一般庶民(町人)向けのもの。

 

東京日日新聞』『郵便報知新聞』などが「大新聞」

『読売新聞』『東京絵入新聞』などが「小新聞」の代表格だった。

 

 

                                    f:id:koala555:20170515110413p:plain

       ▶︎  明治14年(1881年)3月創刊の『東洋自由新聞』(大新聞)

 

              諭吉の『時事新報』は『東京日日新聞』『報知新聞』國民新聞

『東京朝日新聞』と並び、東京五大新聞と評された

          出 典;国立国会図書館デジタルコレクション

 

 

 

 

 

明治3年(1870年)12月8日、横浜で創刊された

日本初の日刊新聞『横浜毎日新聞

 

以降、明治4年(1871年)ころから

創刊ラッシュが始まる。

 

その中の1人に、板垣退助がいた。

 

 

                           f:id:koala555:20170515110523j:plain

                                ▶︎  板垣退助(1837〜1919)  出 典;Wikipedia

 

立憲政治視察のため出かけた欧州で「ルイヴィトン」のトランクを購入。

同郷の土佐藩士・後藤象二郎とともに愛用したという(1882年〜1883年ごろ)

 

 

 

 

 

明治15年(1882年)自由党を結成した板垣は

株式会社を作り、党の機関紙を発行することにした。

 

 

 

 

 

 

明治15年(1882年)6月25日

『自由新聞』創刊

 

 

 

 

 

「彼を知り、己をしれば、百戦あやうからず」

 

創刊後、社長であった板垣退助は、毎日のように出社し

社員たちに孫子の兵法を繰り返し説いたという。

 

                     f:id:koala555:20170515110656j:plain

▶︎『叛骨の友情譜 幸徳秋水と小泉三申』 鍋島高明著(高知新聞社刊)

 

板垣退助率いる『自由新聞』には、大逆事件で理不尽な最期を遂げた、幸徳秋水もいた。

秋水が生涯を通じ親友だった、南伊豆子浦出身の小泉三申。2人の出逢いも『自由新聞』だった

 

 

 

 

 

遡ること数ヶ月。

 

『自由新聞』創刊を間近に控えた、4月6日。

板垣は大変な事件に遭遇した。

 

遊説先の岐阜県で、暴漢に襲われたのだ。

 

 

 

 

 

岐 阜 事 件

 

 

 

 

岐阜県厚見郡富茂登村 (現;岐阜市)の神道中教院

(岐阜公園内にあった建物)での演説を終え

午後6時半ごろ、帰途につこうと階段を下り始めた時、

板垣めがけて、1人の男が突進してきた。

 

 

刃渡約27㌢の短刀が、板垣の左胸を刺した。

 

刺した男は、相原尚褧(なおぶみ)という人物で

愛知県東海市横須賀の小学校教員。

 

政治的思想の違いから及んだ犯行だった。

       

                 f:id:koala555:20170515110845p:plain   

                                                           ▶︎ 明治15年「板垣退助遭害一件」  

 

当時の事件現場の様子が、いまも「国立公文書館」に残されている

出 典;国立公文書館デジタルアーカイブ

 

 

 

 

 

 

板垣死すとも自由は死せず

 

 

 

 

 

あまりにも有名なこのフレーズが誕生したのは、

この時だという。

 

当時、熱を帯びていた「自由民権運動

 

その中で起きたこの大事件。

 

現場となった岐阜公園に、板垣退助の像が

建てられたのは、いまからちょうど100年前の

大正6年(1917年)のこと。

 

第二次世界大戦の「金属供出」で一時姿を消した後

昭和25年(1950年)に再び、板垣の像が再建された。

 

                            f:id:koala555:20170515111008j:plain

▶︎ 岐阜公園内に佇む「板垣退助像」柴田佳石作 岐阜県岐阜市大宮町1丁目)

 

 

 

 

この像の制作者は

彫刻家の柴田佳石(珂赤、珂石)である。

 

明治33年(1900年)に東京で生まれ、

慶應義塾の普通部に学んだ彼は

長崎「平和祈念像」の作者として知られる

北村西望に彫塑を学び、昭和26年(1951年)

日本陶彫会発足時の会員となった。

 

                f:id:koala555:20170515112817j:plain 

           ▶︎ 長崎の平和公園内の「平和祈念像北村西望 

 

 

 

明治34年(1901年)2月3日に

亡くなった、福澤諭吉

 

没後50年を経て、生前の福澤の面影を知る者も

少なくなったころ。

 

それまで「諭吉先生像」のなかった

慶應義塾大学の三田キャンパスに

先生の姿を建立しようという運動が起きた。

 

その時、制作者として指名を受けたのは

慶應義塾OBでもあった、柴田佳石だった。

 

                                                           

 

 

 

昭和29年(1954年)1月10日

 

 

 

 

 

福澤諭吉の生誕から数えること、120回目の誕生日。

慶應義塾大学内で盛大な除幕式が行われた。

 

「福澤先生銅像建設会」寄贈、柴田佳石制作の

福澤諭吉胸像がついにお披露目となったのだ。

 

塾生たちが待ちに待った、福澤諭吉先生像。

 

響き渡る歓喜の声と大きな拍手の渦の中心には、

1人の塾生として<先生>を見つめる

柴田の姿があったのだろう。

 

                                                      f:id:koala555:20170515111333j:plain

            ▶︎   福澤諭吉像(柴田佳石作) 1954年 ブロンズ

                                                   出 典;慶應義塾機関紙『三田評論

 

 

 

 

 

 

これほどまでの作品たちを残しながら、

彫刻家・柴田佳石の存在は

ほとんど知られていない。

 

 

彼の本名が「簡野福四郎」であること。

 

 

昭和43年(1968年)に天に召されたこと。

それ以外のことは、何もわからない。

 

ただ1つわかっているのは、

彼が私の祖父の親友であったこと。

 

祖父の残した手帖の中の「知友人欄」に書かれた

「柴田珂赤」の名前と住所、電話番号、そして

<彫刻家>の文字。

 

その証というわけではないが

わが家には、柴田が生みだした作品が

いまも大切に保管されている。

       

          f:id:koala555:20170515111549j:plain  

                                             ▶︎ 「裸婦像」柴田佳石作(珂赤、珂石)

 

         f:id:koala555:20170515111707j:plain

 

 

プレゼントされたのか、祖父が購入したのか。

 

祖父も柴田佳石も、私が生まれるずっとずっと昔に

亡くなってしまっているため、経緯は定かではないが、

在りし日の2人が育んだであろう「友情」は、長い歳月を乗り超え

孫である「私」の元で、いまも大切に守られている。

 

           f:id:koala555:20170515111839j:plain

                                                         ▶︎ 牛のレリーフ  柴田佳石作 (昭和36年1月)

 

                     f:id:koala555:20170515112007j:plain

 

 

遠い昔、明治の幕開けとともに

新聞媒体に情熱を注いだ「福澤諭吉」と「板垣退助

 

その2人の偉業を後世に残すための銅像を手がけた

彫刻家・柴田佳石。

 

先人たちと同じく、新聞という仕事に情熱を傾け

全力投球してきた私の元にそっと姿を現した

彫刻家・柴田佳石の作品の数々は

生きて会うことができなかった祖父から私への

時を超えて届いた、なんらかのメッセージなのかもしれない。                         

 

           f:id:koala555:20170528121529j:plain

                                    ▶︎  日本橋丸善前で(撮 影;MARUZEN CAMERA  CLUB )

 

               f:id:koala555:20170515112122j:plain

 

彫刻家・柴田佳石の作品 

 

   「乙女の像」 昭和11年(昭和26年再建) 岐阜公園 (岐阜県岐阜市
 「板垣退助像」昭和25年 岐阜公園 (岐阜県岐阜市
 「小便小僧像」昭和25年 小田原駅 (神奈川県小田原市
 「福澤諭吉胸像」 昭和29年 慶應義塾大学三田キャンパス (東京都港区) 

 

 

 

 

<参考文献>

 

三田評論』2009年3月号(慶應義塾出版会刊)

『叛骨の友情譜  幸徳秋水と小泉三申』 鍋島高明(高知新聞社刊) 

 

f:id:koala555:20170514041131j:plain