マルゼニアンの彰考往来

日本橋丸善を愛する私の大切な「宝箱」

時を超えた不思議なメッセージ 〜先人たちに感謝する「心」の大切さ

 
 
 
2016年の1年間のみだったが
なんとも不思議な体験をした。
 
 
高祖母の旧友であった、小柳津要人が
何度も夢に現れては、私にこう語りかけた。
 
 
 
 
 
 
          「お世話になった人の命日には
         こうしてお参りをしたものだよ」

 

 
 
 
 
毎回毎回、異なる全く見知らぬ、廟所。
 
しかしながら、そこにはいつも墓石へと向かい
懸命に手を合わせる、小柳津さんの後ろ姿があった。
 
 
 
 

                       f:id:koala555:20180105132328p:plain

                                              小柳津要人(1844〜1922)筆者私物
                                                         旧岡崎藩士丸善3代目社長
 
 
 
 
 
 
「なぜ私の夢の中に突然に現れ
こんなに何度もお墓の話ばかりするのだろう」
 
 
「サイコなやつ」と思われたくなく
誰にも話せずにいたところ
青山霊園にある小柳津さんの廟所が
近々無くなるようだという話を耳にし
鳥肌が立つ程に驚いた。
 
小柳津さんは、青山霊園の近くに暮らす
かつて親しくしていた旧友の「末」である私に
この一大事を伝えようとしたのだろうか。
 
そんなことがこの世に本当にあるかは
わからないが、すぐに花束をもって
青山霊園に会いに行った。

 

 

                    f:id:koala555:20180105132904j:plain

                                             ▶︎ 青山霊園 墓地南入口付近(東京都港区南青山2-32-2)

                          西麻布方面から赤坂8丁目を臨む通り。この近くに小柳津さんたちの「家」があった

 

 

 

 

その日から昨年11月1日まで
わずか十数回ではあったが
 
できるだけお命日前当日に花束を持って
青山の小柳津さんの「家」に足を運び
 
岡崎藩士時代から長きに渡り
古い家族たちが代々お世話になったことや
祖父と弟を日本橋丸善に導いていただいたことへの感謝を伝えた。
 
ご子息の宗吾さんには、丸善時代に
祖父とその弟、父がお世話になったことを
 
 

                                   f:id:koala555:20180105140402j:plain

                                                 小柳津宗吾(1893〜1976)  昭和30年頃  筆者私物

                                  旧制第五高校を経て、東京帝国大学法学部卒業。大正7年丸善入社。

                           取締役秘書部長を経て、昭和22年「丸善商社」社長。昭和33年丸善参与

 

 

 

 
 
唯一生きて会うことができたかもしれない
お孫さんの淑子さんには
若き日の小柳津さんの戊辰戦争の足跡である
『遊撃隊戦記』を後世へと残してくださったことに
ついての感謝の気持ちを伝えた。
 
 

      f:id:koala555:20180105133514j:plain

                                           ▶︎『小柳津要人追遠(遊撃隊戦記)』 富澤淑子編
                    今から150年前の戊辰戦争時、忠義を胸に旧幕府軍・遊撃隊のメンバーとして戦った
                   小柳津たち岡崎藩士の勇姿が描かれている(丸善OB・八木佐吉氏 国会図書館寄贈)
 
 
 
 
 
 
かつて「私のお墓の中に私はいません」
そう歌ったテノール歌手がいたが
 
中に誰かがいて私の話を聞いているのではないかと
疑いたくなるほど、お墓参りをしながら
何気なく小柳津さんたちに話しかけたことへの答えが
しばらくすると普段の生活のどこかで返ってくる
そんな不思議な体験を何度もした。 
 
日本の発展とともに築かれてきた丸善の歴史を
遠い昔に生きた「丸善人たち」のことを
なんとか後世に残さなければならないと
「マルゼニアンの彰考往来」をスタートさせたのも
こうした摩訶不思議な体験があったからにほかならない。
 
 
 

                               f:id:koala555:20180105135212j:plain

                                                  ▶︎ 小柳津家廟所(2016年10月16日撮影)
                                               10月17日の小柳津宗吾さんのお命日によせて
                                          淑子さんも喜んでくれそうなかわいらしいお花を選んだ
 
 
 
   
 
 
祖父が肌身離さず、持ち歩いていた黒い手帖の
先頭ページには、その人生で関わり合った
丸善人たち」の名前と命日がずらりと
書き記されていている。
 
もしかすると、祖父は生前の小柳津さんから
先人たちに感謝することの大切さを
よくよく教えられていたのかもしれない。
 
 
 

                             

 
 
 
 
                  平成29年(2017年)11月1日

 

 

 

 

 

近々青山を出られる、小柳津さんたちに
最後のお別れをしに行った。
 
清楚な「真っ白な百合の花」を選んだのは
小柳津さんと縁ある、夏目漱石
夢十夜』のストーリーから。
 
 

              f:id:koala555:20180105140049j:plain

 
 
 
漱石が『夢十夜』の中の
「第一夜」で描いたシーンのように
小柳津さんが亡くなってから
ちょうど100年目のその日を
この青山で迎えたかった。
 
そんな口惜しい思いを胸に
精一杯の心を込めて、お掃除をし
ゆっくりとたくさんのお話をした。
 
 

        f:id:koala555:20180105141551j:plain                ▶︎ 小柳津家廟所付近から臨む、六本木・赤坂界隈     左手)東京ミッドタウン 写真右)六本木ヒルズ

                                 小柳津さんたちにとっても、私にとっても「思い出深い街」となった

                                      

 

 

 

     

カクキューの八丁味噌で作った
豆富のお味噌汁をお供えした日。
 
 
 

           f:id:koala555:20170417102958j:plain

                ▶︎ 八丁味噌「カクキュー」本店(愛知県岡崎市八帖町字往還通69)(2016年5月1日訪問)
                   丸善の寮で過ごした店員たちの朝晩の食卓にも登場した「カクキュー」の八丁味噌
    
   
 
 
  
 何がなんでも小柳津さんのお命日に行かなければと
台風並みの暴風大雨の中、 風に飛ばされそうになりながら
傘もささず、ずぶぬれでお参りした日。
 
霊園を彷徨う浮浪者たちに徐々に近づかれ
怖さのあまり思わず、お墓の中にいる
小柳津さんたちに助けを求めた日。
 
まるでよく知るおじさんたちの暮らす家へと
遊びに行くように、お墓参りが楽しくて
楽しくて仕方なかった。
 
いつもお別れが寂しく、たびたび振り返っては
「家」に向かって何度も手を振った。
 
 
 

                               f:id:koala555:20180105142031j:plain

                                          ▶︎ 青山霊園・西十七通り付近で可憐に咲く桜(2017年4月撮影)
 
 
 
 
 
人にとって1番大切なのは「心」なのだと
教えてくれた、小柳津さん。
 
先人に感謝する気持ちを持ち続けることや
お墓参りの大切さをそっと教えてくれた、小柳津さん。
 
人は亡くなっても、姿形がなくなるだけで
その「心」や「想い」 は消えることなく
かつて抱いた愛情や縁は、不思議な形で
代々繋がっていくものなのかもしれない。
 
 

               f:id:koala555:20180105154359j:plain

           ▶︎ 小柳津さんの旧友だった高祖母を囲む、旧岡崎藩士の古い家族たち(大正13年2月3日撮影)

                                                             撮  影;二葉館(東京・本郷区肴町)

                 

                 小柳津の父・宗和とともに、岡崎藩の御用人として藩に仕官した、太地源五太夫の孫

            太地周三郎や、維新後に岡崎藩の大参事となった、河面三郎伊秀の妻も顔を揃える

 

                                

 

 

 

 

青山から小柳津さんの「家」は消滅したが

私の心の中には、いつもいつまでも

小柳津さんたちは生き続けている。
 
 
 
小柳津さん、ありがとう。
 

  

                                  f:id:koala555:20180105141514j:plain

                                                                                                                   (2017年11月1日撮影)

 

 

 

 

 

f:id:koala555:20170712172025j:plain