マルゼニアンの彰考往来

日本橋丸善を愛する私の大切な「宝箱」

拝 啓 私の「オヤイヅサン」〜 丸善3代目社長・小柳津要人の「志」

 

                                  

 幼いころからなぜかとてもお気に入りだった

1枚のポートレイトがある。

 

幕末から大正期までを生きた

古い家族たちの写真とともに

我が家の「写真箱」の中で

家族同然、それ以上に大切にされてきた

1枚の立派なポートレイト。

 

そこに写っている人物は

白い髭をたくわえた、1人の上品な紳士だった。

 

幼い私は一体いつごろから

正確にその人物を認識していたのだろうか。

 

お気に入りだったそのポートレイトに

精一杯の親しみを込め

「オヤイヅサン」と呼んでいた。

 

その人物が家族とどう関係しているのかも

全くわからない年齢だったにもかかわらず

父の書斎にそっと忍び込んでは

お気に入りの「オヤイヅサン」をひっぱり出し

嬉しそうに、家族の面々に

「ねぇ見て!」「見て!」と見せてまわった。

 

普段無口で無表情な父も、その時ばかりは

“ 書斎の小さな侵入者 ” を戒めることもなく

にっこり笑い「小柳津さんか」といい

母は「小柳津さんね」とやさしく微笑んだ。

 

 

「オヤイヅサン」とは、明治33年(1900年)から

大正5年(1916年)まで、丸善3代目社長を務めた

小柳津要人のこと。

 

 

 

      f:id:koala555:20170921112835p:plain

                                             ▶︎  小柳津要人(1844〜1922)

                                       出 典;『丸善社史』丸善株式会社(1951年発行)

 

 

 

 

ポートレイトの撮影者は

「鈴木真一」

 

日本の “ 初期写真界 ” を代表する

大変著名な写真師である。

 

 

                               f:id:koala555:20170921120912p:plain

                                                    ▶︎  写真師・鈴木真一(初代)夫妻

                                              出 典;『伊豆新聞』2014年12月15日付

 

 

 

 

なぜ家族ではない人物のこれほどまでに

立派なポートレイトが我が家にあるのか。

 

その謎が概ね解け始めるのは

それから30年近く後のことだった。

 

 

  

忙しい日常の中、すっかり忘れかけた

「オヤイヅサン」と再会したのは

数年前のこと。

 

懐かしさもあり、幼少期を思い出し

ゆっくりと見つめているうち

写真の裏に書かれている、文字の存在に気がついた。

 

 

 

 

 

 

           明治32年(1899年)11月23日

 

 

 

 

 

かつての「新嘗祭」の日付け。

 

そして、添えられていたのは

小柳津の直筆サインと

私の高祖母の名前だった。

  

 小学生になったころから

「祖父と父の会社の社長だった人物なので

きっと社員全員に配られたものだろう」と

勝手に思い込み、自分を納得させていた私。

 

残された日付けと文字から、丸善入社以前から

そして、父の家系の関係者ではなく

高祖母と直接の知り合いだったことがわかった。

 

「オヤイヅサン」が高祖母の家系同様

参州・三河国本多忠勝公御代からの

岡崎藩士であったこと。

(小柳津家は、忠勝公のお父上・忠髙公御代より出仕)

 

まだ少年だった小柳津が、初めて岡崎藩に

出仕した際の上司が、高祖母・みきの父で

あったらしいこと。

 

その繋がりがあって、祖父とその弟が

揃って日本橋丸善へと入社したこと。

 

 

                      f:id:koala555:20170928112542j:plain

                              ▶︎ 高祖母・みき(1847〜1925) 明治32年(1899年)12月撮影

                                                   撮 影;西尾錦城舘(参州 三河国・西尾)

 

                        小柳津が江戸詰めとなっている間、我が家を含む親族内に起きた「ある災難」に

          巻き込まれ、みきは止むを得ず、急遽我が家に嫁ぐこととなった

 

 

 

 

 

   

やさしく穏やかな「オヤイヅサン」が

幕末の動乱期戊辰戦争」に参加した

人物であったことを知るまでに

そう時間はかからなかった。

 

 

 

 

 

 

 

           慶應3年(1867年)10月14日

 

 

 

 

 

時の将軍・徳川慶喜公が「大政奉還」を

行うや否や、中央政局が一気に動き出し

薩摩藩長州藩からなる「倒幕派」は

同年12月「王政復古の大号令」を発すると同時に

徳川家の影響力を強引に排除すべく

将軍・慶喜公に対し、一方的に役職を辞任し

領地を返還することを強く求めた。

 

 

 

                                   f:id:koala555:20170921123029j:plain

                                                                      ▶︎ 徳川慶喜公(1837〜1913)

                                                                              出 典;Wikipedia 

 

 

 

 

 

あまりにも乱暴で一方的すぎる

薩摩と長州のやり方。

 

この理不尽な状況に強く反発した幕臣たちや

親藩大名である會津藩の家臣団たちは

翌年の慶應4年(1868年)1月3日に

薩摩・長州から成る新政府軍」と

京都の鳥羽・伏見にて激突。

 

 

これが「戊辰戦争」の緒戦となった。

 

 

f:id:koala555:20170921133029j:plain

                                            ▶︎「見聞細吟諸方出火之画図」(鳥羽伏見の戦い)

                                                       撮影協力;東洋文庫ミュージアム

 

 

 

 

 

小柳津の所属する岡崎藩では、表面的には

旧幕府軍指示の態度を取りつつも

藩内では「旧幕府軍指示派」と政情を考慮した

「朝廷指示派」とに二分されていた。

 

 

         f:id:koala555:20170921173542j:plain

                        ▶︎  岡崎藩の国許;岡崎城(愛知県岡崎市康生町561)   2016年4月30日訪問

 

 

 

 

 

       「侍たるもの、どのようなことが起きようと

       最後まで主君に忠実に生きなければならない」

 

 

 

 

 

藩祖・本多忠勝公の遺訓である

この「惣まくり」を掲げ、代々

主君に忠実に生きてきた、本多岡崎藩。

 

家老・梶 金平は、悩んだ末に

こう結論づけた。

 

 

 

 

       「朝敵の者と相成り、城を枕に討ち死にしては

                    徳川家のためにも相成らず」

 

 

 

 

 

 慶應4年(1868年)1月17日。 

 

家老・梶 金平は、岡崎藩の

朝廷側への恭順を宣言。

 

同時に反幕の態度を表明した。

 

これに対し、異論を唱え

立ち上がったのが

小柳津たち20数名藩士たち。

 

「惣まくり」を遵守、本多岡崎藩士としての

「志」を貫こうと、同年4月30日、藩に脱藩状を提出。

 

 

              f:id:koala555:20170921135716j:plain

                         ▶︎「成道山松安院 大樹寺」(愛知県岡崎市鴨田町広元5-1)    2016年5月1日参詣

                小柳津たちは、沼津への出立前、三河松平氏菩提寺である、この場所へと足を運んだのだろう

 

 

 

 

旧幕府軍遊撃隊へと参加すべく、岡崎を出立。

一団の滞陣地・沼津の地を目指した。

 

 

                          f:id:koala555:20170921134858j:plain

                                                           ▶︎  小柳津要人 (明治初年撮影)

 

 

  

 

「 五月六日、沼津在香貫村着

遊撃隊下陣霊山寺へ到リ

 

 

                     f:id:koala555:20170921141020j:plain

                         ▶︎ 曹洞宗兜率林「霊山寺」(静岡県沼津市本郷町25-37)   2015年8月9日訪問・撮影

 

 

 

 

隊長伊庭八郎、参謀岡田斧吉に面會

則遊撃隊エ加ハル 」

(『遊撃隊戦記』小柳津要人誌より)

 

 

 

                         f:id:koala555:20170921151956j:plain

                                             ▶︎ 伊庭八郎(1844〜1869)  市立函館博物館

                                    「江戸四大道場」の1つ、御徒町の剣術道場「練武館」に生まれる。

                      将軍の親衛隊に抜擢されるなど、その剣術は “ 伊庭の小天狗 ”と異名を取るほどだった

 

                 

 

 

 

沼津城と狩野川を隔てた

香貫村にある、霊山寺

 

 

 

            f:id:koala555:20170921143959j:plain

                                                               ▶︎ 兜率林「霊山寺」の山門

                                      この場所に「遊撃隊」の記録は、何一つ残されてはいなかったが

                                      ここに来ることができただけで、とても嬉しく胸が熱くなった

 

 

 

 

 

この場所で、 人見勝太郎、伊庭八郎ら

幕臣たちを中心に組織された

「遊撃隊」に合流。

 

 

                               f:id:koala555:20170921144923j:plain

                                                            ▶︎ 人見勝太郎(1843〜1922)

                                                                  出 典;Wikipedia

                                               

                                     二条城詰め鉄砲奉行組同心・人見勝之丞の嫡男として誕生。

                               明治以降は「実業家」となり、利根川と江戸川とを繋ぐ「利根運河会社」や

                             神谷バーの創業者・神谷伝兵衛とともに「日本酒精製造株式会社」を設立する

 

 

 

 

 

幕臣たちを中心としたこの精鋭部隊には

藩主自ら脱藩、九段坂から家臣たちを率い

遊撃隊 第四軍を組織した、若き大名

請西藩主・林昌之助忠祟公もいた。

 

 

 

                             f:id:koala555:20170921183028j:plain

                                                ▶︎ 上総国請西藩主・林昌之助忠祟公(1848〜1941)

                                                                     出 典;Wikipedia

                     波乱万丈な人生を乗り越え、   昭和16年( 1941年)まで生きた、我が国「最後の大名」

 

 

 

 

 

江戸詰の藩医・和多田貢を隊長に

遊撃隊 第三軍 岡崎隊となった小柳津たちは

他部隊との連携をはかりながら

大雨が降り続く中を、三島宿を経て

箱根へと向かった。

 

これが「箱根戦争」を皮切りに「會津浜街道

各所での戦いを経て、箱館五稜郭まで続いていく

小柳津たち岡崎藩士の命をかけた、千辛万苦の

戦いの日々の始まりだった。

 

  

 

           f:id:koala555:20170921180955j:plain

                          ▶︎ 箱根湯本の「三枚橋」 (神奈川県足柄下郡箱根町)   2016年1月1日撮影 

                慶應4年(1868年)5月26日 この場所で「新政府軍」へと寝返った、小田原藩兵と大衝突。

              遊撃隊 第二軍隊長・伊庭八郎は左手を失い、 多くの第四軍請西藩士たちが命を失った

 

 

 

 

 

 

           慶應4年(1868年)7月29日

                   長岡城   二本松城

                           落    城

 

 

                f:id:koala555:20170923114910j:plain

                                      ▶︎ 「二本松少年隊士像」(福島県二本松市郭内)    2016年10月27日参詣

                                   

                        「奥羽越列藩同盟」締結後、二本松藩の主力部隊は、白河へ。 留守になった

                       二本松城を必死で守ったのは、高齢者と刀もさせないほどの幼い少年たちだった。

                   「藩民を守ることが第一」幼い少年たちは、藩主の教えを胸に、決死の覚悟で守り抜いた

 

 

 

 

             慶應4年(1868年)8月16日

               長岡藩家老・河井継之助死去

 

                 f:id:koala555:20170921225358j:plain

                          ▶︎  長岡藩・河井継之助終焉の地 福島県南会津郡只見町) 2016年8月13日参詣

 

                戦いでなく「中立」を望んだ、長岡藩家老・河井継之助は、左足に打ち込まれた

                          砲弾の苦痛に耐えながら「八十里越え」をするも、ここ只見町で最期の時を迎えた

 

 

 

 

                美濃国 郡上藩 凌霜隊

             隊長 朝比奈茂吉以下45名

                  會津藩籠城戦に参加

 

f:id:koala555:20170921230317j:plain

                                   ▶︎「凌霜隊顕彰碑」(岐阜県郡上市八幡町)      2017年5月2日参拝

  

        国許郡上では「新政府軍」の一員として飛騨出兵などを行うも「旧幕府軍」が勝利した時を考え

          朝比奈茂吉を隊長とする藩士45名をひそかに脱藩させ、戊辰戦争会津の戦いへと送り出した。

         2つに分かれた「藩論」で引き裂かれた、1つの家臣団の悲劇は、あまり知られていない

  

         

 

 

 

               慶應4年(1868年)8月23日

                 會津藩白虎隊士中二番隊士

                       飯盛山で自刃

 

 

                  f:id:koala555:20170921224702j:plain

                       ▶︎ 會津・飯盛山福島県会津若松市一箕町八幡弁天下)     2016年7月16日参拝

 

 

 

 

         會津藩家老・西郷頼母一家自刃

 

 

        f:id:koala555:20170921232517j:plain

                      ▶︎  會津藩家老・西郷頼母邸宅跡(福島県会津若松市追手町)  2017年8月14日参拝

                   

                   明治以降、西郷頼母は、西伊豆にできた「謹申学舎」の校長に招聘され、教鞭を振るう。

                   一族でたった1人生き残った妹・美遠子の再婚相手、それは奇しくも私の宝物である

      「オヤイヅサン」を撮影した写真師・鈴木真一だ

 

 

 

 

             慶應4年(1868年)8月29日

                    會津藩・佐川官兵衛部隊  

                      長命寺の戦い

 

                 f:id:koala555:20170921225940j:plain

                          ▶︎ 會津・長命寺に眠る、會津藩士たち(福島県会津若松市日新町) 2016年8月13日参拝
 
                               會津藩家老・佐川 官兵衛を筆頭とする、會津部隊1,000名は
                               懐中に「8月29日討死」と書いた紙をしのばせ、明け方に出撃した
 
 
 

 

              慶應4年(1868年)9月22日

          會津藩、新政府軍に降伏・開城   

 

 

           f:id:koala555:20170921230837j:plain

                        ▶︎ 會津若松「鶴ヶ城」(福島県会津若松市追手町)  2016年7月16日訪問

 

 

 

 

各地での旧幕府軍たちの状況を耳にしながら

小柳津たち遊撃隊は「會津浜街道」沿いを

転戦し続けていた。

 

 

             f:id:koala555:20170923131711j:plain

                                       ▶︎  磐城平城跡敷地内 ( 福島県いわき市平)     2017年8月14日訪問

 

 

 

 

磐城平城下に滞陣し、平潟口付近を戦っていたこ

第三軍隊長・和多田貢が渡辺村の「新田峠」付近で

「新政府軍」の銃弾に倒れた。

 

 

 

 

「和多田貢田綴手ニテ弾丸二当リ死ス

然ル処尾撃烈シク死骸持参不能

小柳津首級ヲ揚ゲ澤録三郎騎馬ニテ持参

泉藩江回向相頼ミ左之通取斗

 

回向料金五百疋遺ス

 

六月十七日和多田貢

楽翁院法勇義山居士

奥州菊田郡渡辺萬福寺二葬ル」

(『遊撃隊戦記』小柳津要人誌より)

 

 

 

                  f:id:koala555:20170922000516j:plain

   ▶︎  遊撃隊第三軍岡崎隊・和多田貢が眠る、渡辺村付近(現;いわき市渡辺町)2017年8月14日訪問

    この付近はかつて「瀬峰」と呼ばれ、小柳津たち岡崎隊も磐城平城滞陣時、足を運んだ場所である

 

 

 

 

 戊辰戦争終結150周年の日を迎えるまでに

同じ岡崎藩士の血を引く末裔として

そして小柳津要人に縁ある者として

山あいの寂しい土地で絶命した、和多田貢に

何とかお線香を手向けたい、その思いを胸に

いわきへと向かい、山の中のあちこちを探すも

渡辺村・萬福寺」を見つけることは叶わなかった。

 

見渡す限り、山と森ばかりーー。

人の姿もなく、神社も無人で途方にくれた。

 

この辺りは、明治期に行われた

廃仏毀釈」が多かったエリアというだけに

廃寺となった可能性が高い。

 

その後、和多田貢が絶命した「新田峠」近く

現在のいわき市渡辺町田部字渡部という場所に

かつて「時宝山 満福寺」という真言宗の寺院が

存在していたことがわかった。

 

 

                  f:id:koala555:20171004121903j:plain

                                            ▶︎「時宝山 満福寺」(福島県いわき市渡辺町字渡部)

                                            出 典; 消えた寺院考察 泉藩領廃仏毀釈 』水沢松次 著

 

 

 

 

戊辰戦争で命を失った、泉藩の家臣団たちを始め

軍夫として従軍・戦死した農民たちの供養が

明治2年(1869年)この「満福寺」にて

取り行われたという。

 

以降、姿を消した「満福寺」跡には

渡辺小学校が建てられた。

 

f:id:koala555:20171004115823j:plain

                                                   ▶︎  現在の福島県いわき市渡辺町付近の地図

                                           出 典; 消えた寺院考察 泉藩領廃仏毀釈 』水沢松次 著

                               

                小柳津が書き残した「奥州菊田郡渡辺村・萬福寺」は、地図上の26の位置にあったと推測

                       赤印部分が訪問記録として、写真に残した「小名浜線・上釜戸」に該当する

 

 

 

 

 

 

 

「六月廿七日晴。

小柳津、菅野、櫻間、岡本、小林、

吉永、橋本都合七人磐城平城下逗留ス」

(『遊撃隊戦記』小柳津要人誌より)

 

 

 

                        f:id:koala555:20170921232059j:plain

                                   ▶︎  磐城平城本丸跡 ( 福島県いわき市平)     2017年8月14日訪問

                                        慶應4年(1868年)7月13日、平藩は「新政府軍」に降伏した

 

 

 

 

隊長・和多田貢を失った彼らは

どんな思いで、この町で戦い続けたのだろう。

 

若き日の小柳津も歩いたかもしれない

この町の道をただただ歩いた。

  

 

                  f:id:koala555:20170923142435j:plain                ▶︎  會津藩 2,558名  二本松藩 336名  長岡藩 310名  平藩 58名  幕臣1,598名  岡崎藩 7名  請西藩26名 

    ほか 数多くの「志」同じくする仲間たちが、戊辰戦争尊い命を失った。小柳津さんの足跡を辿り

     各地に眠る、東軍仲間の元へと出向くこと。それが私から小柳津さんへの「感謝」の印である

 

 

 

 

                                      

               

 

 

戊辰の夜明けを駆け抜けた

小柳津たち遊撃隊の戦いの日々。

 

その瞬間を書き綴った戦記を目にし

「この戦いの足跡をなんとか形にしたい」

そう強く願った人物がいた。

 

小柳津の五男・小柳津宗吾である。

 

 

 

                          f:id:koala555:20170921184334j:plain

                                                ▶︎  小柳津宗吾(1893〜1976)  昭和3年撮影

                                     旧制第五高校を経て、東京帝国大学法学部卒業。大正7年丸善入社。

                             取締役秘書部長を経て、昭和22年「丸善商社」社長。昭和33年丸善参与

 

 

 

 

 

父・小柳津要人の遺文である

『遊撃隊戦記』に自らの読解文を付け

発行したい。

 

その思いを相談した相手。 

それは八木佐吉だった。

 

 

                       f:id:koala555:20170921215226j:plain

                                                 ▶︎ 八木佐吉(1903〜1983)      昭和40年撮影                                            

                        大正5年4月 丸善株式会社入社。書籍部次長、洋書整理部長・和書部長など歴任。 

         昭和40年9月から、丸善「本の図書館」館長に就任。以降、終生在任。

 

 

 

 

 

 その後、病に倒れ、思いを果たせぬまま

旅立った、小柳津宗吾の意思を引き継ぎ

若き日の祖父の勇姿を、父の切なる願いを

叶えようと尽力したのが、長女の淑子さんだ。

 

八木佐吉の協力を得て『小柳津要人追遠』として

発行された、小柳津の『遊撃隊戦記』を初めて

目にした時、様々な思いが私の心を駆け抜けた。

 

小柳津一家の家族を尊敬し、慕うあたたかな気持ち。

 

まるで、武家の「長男」のような

淑子さんの強い強い使命感。

 

その「志」の高さに感服すると同時に

なぜもう少し早く小柳津家と我が家との

深い繋がりに気づかなかったのだろうかと

深く悔やみ、何度も何度も泣いた。

 

大好きな「オヤイヅサン」の素晴らしさを

心の底から共感できる、この世でたった一人の人物と

色々と話すことができたかもしれない貴重なチャンスを

永遠に失ってしまったのだから。

 

 

      f:id:koala555:20170923155154j:plain

                     ▶︎ 『小柳津要人追遠』を国会図書館へと寄贈したのは、八木佐吉さんだった

 

  

 

 

118年前、小柳津要人が高祖母・みきに贈った

明治の写真師・鈴木真一撮影の1枚のポートレイト。 

 

関東大震災第二次世界大戦の度重なる、空襲。

そうした戦禍の中、古い時代を生きた家族たちが

懸命に守り続けたことで、後世の私の元へ

「オヤイヅサン」として引き継がれた。

 

すっかり成長した私の元へ、小柳津要人として

再び姿を現した「オヤイヅサン」は、まっすぐな

「志」を胸に、戊辰の夜明けを駆け抜けた

仲間たちとの熱い戦いの日々を伝えると同時に

私たち家族との深い繋がり、高祖母・みきの

辿った悲しい人生の「真実」を教えてくれた。

 

「オヤイヅサン」に出逢えたからこそ

古い時代に生きた家族1人ひとりの存在を大切に想い

人間の人生とは、それぞれに尊くとても素晴らしいもの

なのだと感じるようになった、そんな気がしてならない。

 

 

 

 

 

          君も強く生きなさい

 

 

 

 

  

55歳のままの「オヤイヅサン」は

今日も優しく温かな眼差しで

ポートレイトの中から

私へとエールを送り続けている。

 

 

                 f:id:koala555:20170923151512j:plain

                                    ▶︎  「オヤイヅサン」の裏に記載された、小柳津要人直筆のサイン

 

                                  f:id:koala555:20170923151715j:plain

                                               ▶︎ 晩年の小柳津要人     大正5年ごろ撮影        

 

 

                 

 

  

<参考文献>

 

『小柳津要人追遠』富澤淑子編(昭和53年発行)

『小柳津要人小伝』八木佐吉 著

『新編  岡崎市史 近世』 新編岡崎市編集委員会

 消えた寺院考察 泉藩領廃仏毀釈 』水沢松次 著

いわき市史 第2巻 近世』 いわき市史編さん委員会 編

『幕末「遊撃隊」隊長 人見勝太郎』 中村彰彦 著 

 

f:id:koala555:20170923153031j:plain

「オヤイヅサン」は、高祖母・みきに贈られた、大切なプレゼント。

小柳津さんへの敬意を払い、ネット上への掲載は差し控えます。